【転職経験談】医療機器メーカーの事務職から、未経験のアパレル業界販売業へ!

事務員として書類作成や説明書作成のお仕事

転職する前に所属していた企業は「医療機器メーカー」で、医療機器の製造販売のための申請書類を作成する仕事や、自社製品の取扱説明書の作成を行なっていました。ここでパソコンでの資料作成の基礎をみっちり積みました。

前職の医療機器メーカーはなんとなく入った

特に入りたい会社も無く就活をして、一番に合格したので入った会社でしたが、働いているうちにほかにやりたいことが見つかったため転職しました。会社や仕事にはとくにこれといって不満や嫌なところはありませんでした。

前からの目標であるアパレル販売員に転職成功

前職は医療系で、しかも事務職だったので何も関連がありませんでしたが、学生時代の専攻でもあった憧れのアパレル業界に転職しました。

活動で利用したのは「indeed」と「リクナビNEXT」

転職活動で利用したサービスは「indeed」と「リクナビNEXT」です。転職エージェントはお金が掛かったりするのだろうと思い、利用していませんでした。無料だったのは後から知りました。

自分が携わりたい「アパレル業界」は一番の目標

転職に際しては、給料などの待遇面の希望ももちろんありましたが、何よりもずっと務めたかった「アパレル業界」を最優先にしました。

1.年収が今よりも下がらないこと。月収や賞与の有無をよく確認しました。
2.家から1時間以内で通えるか、家賃の補助が出ること。前の職場が家から遠くて大変だったので。
3.自分のやりたい仕事かどうか。これは一番大切にしました。

2ヶ月ほどの転職活動で採用

転職活動を始めてから、決まるまでは2ヶ月くらいです。退職交渉の際には、既に転職先が決まっていることを伝え、1週間ほどで退職を認めてもらいました。

応募会社数:2社
書類通過数:2社
一次面接通過数:1社
内定社数:1社

前の会社の人間関係は申し分なかった

会社が嫌いで辞める訳ではなかったので、お世話になった先輩や仲の良い同期に退職を告げるのが一番辛かったです。なかなか言い出せず直前になってしまいましたが、予想していたよりもずっと暖かく送り出してもらえました。

在職中の転職活動だったので、面接日程の設定が大変だった

会社の休みが土日で、面接を受けたところも土日は定休日だったので有給を取らなければ面接に行けなかったところです。休みを取ると同じ部の人に迷惑がかかるし、しかもそれが転職活動のためだというのが心苦しかったです。

面接時の質問事項はオーソドックスな定番ものでした

質問事項で覚えているのは以下の3つです。特に返答に困るような質問はありませんでした。

【1】いまの職場に不満があるのか
特に不満はありませんでしたが、以前からやりたいことは別にありました。

【2】全然違う業界だがなぜか?
もともと大学の専攻だったこともあって興味があり、やっぱりアパレル業界で働きたいと思ったので。

【3】前職で身につけたスキルは?
基本的なパソコン操作や正確な資料作成を身につけました。

既卒や経験者の求人ばかりが多く、新卒はあまり取らない業界でした。直接的にアパレル業界の仕事をしていたわけではないのですが、資料作成やパソコン操作など、基本的なビジネススキルを身につけていたのが良かったのかと思います。

自由な時間が増えたのは素直に嬉しかった

前職はなんとなく入った会社でしたが、本当にしたいと思える仕事に転職したことで仕事が楽しくなり、毎日の生活に張りが出てきました。また、給料はあまり変わりませんが、家賃補助が出て生活が少し楽になったことは嬉しかったです。唯一のマイナス面は、人間関係が前の職場のほうが良かったことです。

転職活動がうまくいったのは積極性を示せたから

未経験の業界・職種へのトライでしたが、基本的なパソコンの操作や社会人としての基本のスキルは身につけていること、この業界に入りたいと思ったきっかけと、これからこの業界でどうなっていきたいかなど、真剣に考えている旨が伝わるよう努めました。